青春18きっぷで名古屋の味仙へ

日帰り旅
DSC_0429
スポンサーリンク

こんにちは!

ちょいと気ままに青春18きっぷを使って名古屋へ行ってきました。 ローカル線に揺られながら、のんびりとした日帰り旅行。列車の行程や名古屋名物のあのグルメなどをご紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

金券ショップで青春18きっぷを購入

まず今回、名古屋へ行くにあたって「名古屋までどうやって行こうかな?」と考えていたところ、青春18きっぷ2019年春季の販売・利用期間であることがわかりました。「これは利用しない手はない!!」と、さっそく購入しようと思ったのですが…。「もう3月も終わりそうなのに一人で5回も使うかな…いや使わないな…」ってことで金券ショップに行き、残り1回分のを買うことにしました。

3.26の日付は私が使用したときに押印されました
それ以外は金券ショップで購入時には押印(使用)済み

青春18きっぷをご存じでない方のために説明します!この切符は期間限定でJR各社の在来線普通・快速列車の普通車自由席に自由に乗り降りできるお得な切符のこと。詳しくはリンク先のJR西日本のページをご覧ください。https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/02/page_13779.html

大阪・梅田界隈には金券ショップが多くあり「どこで買えば良いのやら…」と迷ってしまいます。あっちこっち歩き回るのも疲れるので最初に出てきた店で買うことに。見事、残り1回の18きっぷがあったので即購入。3900円でした。この日はそのまま帰宅し、翌日いよいよ出発です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

名古屋へ向けて出発進行!

10:34 JR河内永和発

今回のスタート地点、JR河内永和駅

スタートは先日新大阪~放出間が開業した「おおさか東線」のJR河内永和駅。お昼過ぎに名古屋に到着しようと思っていたので10:34発の久宝寺行きに乗車。

10:44 久宝寺着

おおさか東線を走る201系電車

10:51 久宝寺発

久宝寺駅で大和路線10:51発の大和路快速加茂行きに乗り換え、終点の加茂駅まで。平日だけあって余裕で座れました!(^^)!

11:34 加茂着

次の11:42発の亀山行きに乗り換えてのんびりと車窓を楽しもうかなと思いきや…

私と同じく亀山行きに乗る人でホームはすでに人がいっぱい!「あちゃ~こりゃ座れんな…」と座ることは諦めました。見るとおじいちゃんおばあちゃんの集団や外国人観光客がかなり多く、たとえシートが空いていても私が真っ先に座るわけにはいかないって感じでしたね。

11:42 加茂発

キハ120形気動車(亀山駅にて)
なんかいい味出してるね~

1両でやってきた亀山行きのディーゼル列車に満員状態で乗り込みます。加茂~亀山間は非電化のローカル線で、木津川沿いを東西に走っています。車窓からは雄大な川の流れと山肌がきれいに見える風光明媚な路線ですね!

朝の通勤ラッシュのような車内で吊革につかまり、約30分ほどで伊賀上野に到着。ここでほとんどの人が降りていきました。「やっと座れる!」どこまでこの満員状態が続くのか分からなかったので自分としては意外と早く座ることができなたって思いました。

このあたりからは田園も広がり、景色を広く楽しむことができます。亀山までの約45分を、ちょっと眠たくなりながらゆったり楽しみました。

13:05 亀山着

紀勢本線と分岐する亀山駅のホームはけっこう大きかったです

次に乗る快速名古屋行きは13:24発で時間に余裕があるから、改札を出てコーヒー&タバコで一服。18きっぷは改札の出入りも自由ってのが良いですよね!

亀山駅前には鳥居があります。めずらしい!?

一服を終えてちょっと早めに次の電車を待っておこうかとホームに戻るとすでに電車が待っていました。「あっ、もしかして座れないかも…」と焦りましたが、まだ座席には余裕があり無事に座席を確保!終点の名古屋までゆったり旅が続きます。

13:24 亀山発

亀山~名古屋間も基本的には単線のローカル線って感じなのでのんびりした風景が多いのですが、この路線の魅力は何といっても工業地帯の風景が見られることですよね!南四日市駅あたりから富田駅あたりまで車窓にはいろんな工場や煙突、貨物列車などが並び、マニアじゃなくても「おおっ!すっ、すげぇ!」ってなりますよ!(肝心の写真撮ってません!)

続く

タイトルとURLをコピーしました