デカトロンでバックパックを購入

アウトドア
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

先日ご紹介した「デカトロン西宮店」でバックパックを買いました!

私が買った初めての登山用のバックパック。どのようなものか紹介したいと思います。日帰り登山やトレッキング、ハイキングをしようと思っている人や、デカトロンのバックパックが気になっている人などの参考になればと思います!

スポンサーリンク

日帰り登山にちょうどなサイズと嬉しい価格

先日の訪問とは別の日に阪急西宮ガーデンズへ再び行き、デカトロン西宮店で「ケシュア バックパック MH 100 30L」を購入しました。

ケシュア(QUECHUA)はデカトロンが展開するアウトドアブランド。そのケシュアのバックパックの中から容量30リットルのバックパックを選びました。

私は今まで登山と言えば中学生の時に学校行事で行った耐寒登山(金剛山だったかな?)ぐらいしかなく、全くの初心者です。購入前にいろいろと調べた結果、日帰り登山なら20~30リットルのバックパックが良さそうなので、このモデルを買いました。

サイズは高さ58㎝、幅30㎝、奥行き21㎝(公式サイトhttps://www.decathlon.co.jp/jp_ja/参照)。

重さは990gです。

価格は4,690円(税込)。登山用のバックパックとしてはかなり安いと思います。日帰り登山を前提としているので、登山用じゃなくても全然大丈夫だと思いますが、登山用に作られたバックパックがこの値段で売っているのですからアリなんじゃないでしょうか(#^^#)

スポンサーリンク

日帰り登山用バックパックとしての基本装備

先ほども書きましたが、日帰り登山での使用を前提としているのでどのようなバックパックでも大きな問題はないと思いますが、一応登山用なので基本装備はしっかりとしていると思います。ではどのようなものか画像でお見せしますね!

ケシュアバックパック MH 100 30L

パッと見は登山やハイキングに合うようなデザインかなと。「30L」と書いてあるのが気に入りませんが(笑)、シンプルなデザインと差し色のブルーが気に入りました(^^)

背中側

ショルダーストラップは上下で調整可能になっています。左右のストラップを留めるストラップも15㎝程上下できるので、自分の好きな位置で調整ができるようになっています。

ヒップストラップも同じようにベルト付きで締め具合の調節可能です。

左側にはスマホやサングラスが入る小さなポケットが付いています。

スマホなどの小物が入れられます

上蓋の背中側にはファスナーが付いていて2リットルの容量があるトップポケットになっています。プラ製のキーリングも付いていて何かと便利そうです!(^^)!

トップポケットの開口部は広いです

上蓋を開けるとこんな感じ↓

開口部はひもで絞れます

中の上部に小さなポケットと、背中側に内ポケットとして仕切りが1つあります。中は普通の1気室になっています。

外側の下のファスナーを開けることもできるので、下の方の荷物も取り出しやすくなっています。

上部ほど広くは開きません
このファスナーが開きます

サイドポケットは左右にあります。伸縮性のあるメッシュ生地になっていて、500mlのペットボトルや折り畳み傘などが入ります。

ジョージアジャパンクラフトマン500mlを入れてみました
スポンサーリンク

背中の通気性が良さそう

まだ実際に使ったわけではないのではっきりと言い切ることはできませんが、このバックパックの背面部には2㎝程の高さがあるクッションが4隅に配置されていて背中と直接触れる部分が少なくなっています。背中とバックパックの間に隙間ができて空気が流れるようにし、通気性をよくして快適にしようというものですね。「AIR COOLING」という機構です。

暑い時期は背中の通気性が重要ですよね

上位モデルには背面がメッシュになって、より快適性を向上させたものもあるようです。

スポンサーリンク

コスパの高いバックパック

先述した通り、登山用バックパックとしての基本性能はありつつ価格を抑えているので、非常にコストパフォーマンスに優れたものであると言えそうですね!

また登山に限らず、アウトドア全般や1泊程度の旅行にも使えそうです。これからいっぱい活躍してもらえそうで楽しみです(*^^)v

ただこの商品に限らず、バックパックを購入する前はかならず自分の体に合っているか確かめに行きましょう。

特に登山をするときは、荷物が多く、重くなることがあると思いますので、自分の体に合っていないといくら良い商品であったとしてもかえって疲れてしまったり、歩きづらくなったりしては元も子もなくなります。できれば経験者の人と一緒に見に行って決めるのがベストでしょうね!

それではまたヽ(^o^)丿

コメント

タイトルとURLをコピーしました