【検証】百均で売っているものだけで失敗せず簡単にご飯が炊けるのか?【ダイソー・セリア】

アウトドア
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

今回は百均で購入したアウトドアグッズだけで誰でも簡単に失敗せずご飯が炊けるのか検証してみました。

ダイソーのメスティンの人気も落ち着いてきて手に入れやすいと思いますが、「ちゃんとご飯が炊けるの?」と購入を躊躇している人はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

そもそもメスティンとは

アウトドア好きな人が当たり前のように使っている「メスティン」とはそもそも何なのかと思われる人もいると思いますので、メスティンについて説明します。

メスティンとは「飯盒(はんごう)」の英語のことです。表記は「Messtin」。

飯盒とは野外で調理をする際に使う携帯用炊飯器や蓋の付いた食器のことです。

元々は兵士たちが食事の配給を受けるときに用いたり、食料を携行する際に使用するのが主な用途で、非常時に調理器具として使ったりするものでした。

今ではメスティンと言えばスウェーデンのアルミ製調理器具とアルコールバーナーのメーカー「トランギア」のものがまず頭に浮かぶという人が多いと思います。だからと言ってメスティンがトランギアの製品名というわけではありません。メーカー等にかかわらず、主にアルミ製で蓋と取っ手が付いた四角い調理器具と覚えておけば大丈夫です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイソーのメスティン

発売された当初は大人気で店頭で見かけることが無かったダイソーのメスティンですが、今では店頭に並んでいることが多くなったと思います。価格は税込み550円

メスティンの外箱

外箱にも表記してある通り米1合が炊けます。メスティン本体のサイズは150㎜×80㎜×50㎜。本体の材質はアルミで表面がアルマイト処理されています。アルマイト処理とは簡単に言えば耐食性・耐摩耗性を向上するための加工処理です。

ちなみにトランギアのメスティンのサイズは170㎜×95㎜×62㎜ですので、ダイソーメスティンが一回り小さいです。

メスティン本体
蓋と取っ手を展開

トランギアのメスティンと比べて角が丸くなっていますね。

内部に目盛りはありませんが満水にすれば500ml入るので、例えば他の鍋でインスタントラーメンを作る際にこのメスティンに水を入れれば目安にできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイソーの燃料用五徳と固形燃料

次に紹介するのは五徳。ダイソーのメスティンは上記の通りトランギアのメスティンに比べ小さいので、メスティン内に収納できる五徳がなかなかないのですが、ダイソーから中に納まるサイズの五徳が発売されました。それが「燃料用五徳」です。

ダイソーの燃料用五徳

サイズは60㎜×110㎜。三枚の板状のパーツを三角形に組み合わせれば五徳になります。

台紙の裏に組み立て方が明記してあります

今回は別の百均グッズを使いましたが、使用例としてアルコールバーナーを置いて使っているのが載せてあります。

アルコールバーナーの使用例

トランギアやエスビットのアルコールストーブは直径が70㎜台ですので、メスティンに収納することができます。

今回は”百均で売っているものだけ”にこだわったので、使用する燃料もダイソーで購入しました。

ダイソーの固形燃料

ダイソーの固形燃料。25gが3個入って税込110円。約20分ほど燃焼します。固形燃料の良いところは”ほったらかし炊飯”ができるところ。アルコールストーブだと燃焼時間を考慮して使用するアルコールをあらかじめ計るか、時間を計らないといけません。固形燃料は火をつけるだけですので、何も考えず失敗も回避できます。楽チンがいいという人にはおすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

セリアの固形燃料用受け皿

上記の固形燃料のパッケージには”アルミ箔付””火皿不要”と書いてありますが、固形燃料を直置きして燃やすのは避けた方がよいですアルミ箔が付いていないものであれば絶対にしていけません。必ず不燃のものを敷きましょう。

そこで今回使用したのが、セリアで購入した固形燃料用受け皿」。

セリアのアウトドアコーナーで見つけました

アルミ合金製で底には”脚”が付いているので、燃焼中の熱が下に伝わりにくくなっています

また簡易的な風防にもなります。

まわりのシールをはがしてから使用します

五徳と固形燃料と受け皿を組み合わせるとこんな感じです。

ダイソーの五徳と固形燃料にセリアの受け皿

測ったかのようにダイソーの商品にシンデレラフィットするセリアの受け皿(笑)

もちろん全てをダイソーのメスティンに収納することができます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

問題なしにちゃんと炊ける

では実際にお米1合を炊いてみます。お米は事前に浸水して水と一緒に保存容器に入れておきました。水は米1合(180ml)に対して200mlがちょうどとされていますが、好みに応じて加減してください。浸水時間は30~1時間ほど。

ほったらかし炊飯中

約20分で火は消えますので、ひっくり返して10~15分ほど蒸らせば出来上がりです。

つやつやに炊けました

何の問題もなく、ふっくらつやつやに炊けました!

今回蒸らし中にひっくり返さなかったので底の方が気持ちべちゃっとしましたが、焦げ付くことは一切無く、とてもおいしいご飯が炊けました!

ほったらかし炊飯大成功です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

今回は百均で売っているものだけで失敗せず簡単にご飯が炊けるのか検証してみましたが、結果大成功でした。ほったらかしにしても焦げることなく美味しいご飯が炊けるのは楽でいいですよね!何より道具にかける費用が安く済むのが嬉しいところ。

  • ダイソー メスティン 税込550円
  • ダイソー 燃料用五徳 税込110円
  • ダイソー 固形燃料(3個入り) 税込110円
  • セリア  固形燃料用受け皿 税込110円

合計税込880円です。これなら道具を持っていない人も、すでに道具を持っている人も手を出しやすいですよね!

ちなみに全てメスティンに収納するとこんな感じです。

燃料1つ使った後です

もしお家でご飯を1合だけ炊きたい時があったら、これらを使って炊くのもアリなんじゃないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました