【SOTO ST-310用】遮熱テーブルと耐熱シリコンチューブ、風防リングがセットでお得【レビュー】

遮熱テーブルアウトドア
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

アウトドアや登山などで活躍してくれるシングルバーナー「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」にぴったり合う遮熱テーブルはもうお持ちですか?

今回は先日私が購入したものを紹介しますので、まだお持ちでない人、購入を検討している人はぜひご参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

SOTO ST-310ってどんなもの?

まずはシングルバーナーの定番品と言えるSOTO ST-310について説明します。この商品はバーナーとクッカーを載せる五徳がセットになってその上コンパクトに収納でき、手に入れやすいCB(カセットボンベ)缶を使用することから、キャンプや登山に持って行くアイテムとしてとても人気があるバーナーです。

SOTO ST-310 ※CB缶、風防リング、点火アシストレバーは別売りです

SOTOのレギュレーターストーブには「マイクロレギュレーター」という小型のガス減圧器が組み込んであり、ガスの圧力とスプリングの反発力を利用して火力を調整します。これにより、外気温が低い時やボンベの連続使用などによるガス缶内の圧力低下時、またその逆に高温による圧力が高まった時でも安定して火力が得られるようになっています。

SOTOのバーナーにはこのマイクロレギュレーターの商品がいくつかありますが、使い勝手の良さやコンパクトになることからST-310は特に人気があります。人気で品薄なのでネット販売などで高額になっている場合があるので、そこは注意して購入した方が良いと思います。ホームセンターやアウトドア商品を取り扱っている店舗では定価(税込6,380円)で売っているところがありますので、在庫切れでもこまめに実店舗をチェックすることをお勧めします

スポンサーリンク

ST-310にぴったりな折りたたみ式遮熱テーブル

アウトドア好きなら持ってて損はないシングルバーナーST-310。これにぴったり合う遮熱板兼ミニテーブルがあります。アマゾンや楽天で検索すれば数多くの遮熱テーブルがヒットしますし、なんならSOTOから「ミニマルワークトップ」というテーブルが販売されています。そんな中で私がおススメするのがamazonで販売している「Drizzle-JP」というブランドから出ている遮熱テーブルセットです。

SOTO ST-310用遮熱テーブル

いくつかおすすめポイントがありますのでそれぞれ説明していきます。

ポイント① 折り畳み式

ST-310がコンパクトになるのでやっぱりテーブルもコンパクトに収納できるのが良いですよね。テーブルを展開したサイズは320㎜×210㎜×78㎜。半分に折り畳んだ収納サイズは172㎜×210㎜×30㎜。紙のA5サイズより少し大きくB5より少し小さい感じです。

テーブル折り畳み時

ポイント② セット内容がST-310に使える

ポケットストーブがセットになっているものなどもありますが私が購入したセット品は、ST-310の五徳兼脚になっている部分にはめる耐熱シリコンチューブとバーナー部分の風防になる風防リングがセットになっているものです。

セット品の風防リングと耐熱シリコンチューブ

なぜこのセットがおススメかというと、まず耐熱シリコンチューブの必要性が高いことです。ST-310を持っている人の”あるある”なんですが、お湯を沸かしたりなどバーナーを使った直後にST-310を動かそうとしてつい脚の部分を持って指を火傷してしまうことがあります。炎が直接当たる五徳と繋がっているので当然脚もめちゃくちゃ熱くなるのですがついつい触ってしまって…ということになることがあります。また、自分は熱いと分かっていても他の人や子供が分からずに脚に触れてしまうということも考えられますので、火傷防止の意味で耐熱シリコンチューブは必須だと思います。ついでに滑り止めにもなるのがうれしいところです!

このシリコンチューブを取り付ける際は、洗剤などを塗ってからじゃないと滑りが悪く取り付けられないと思いますので、ご注意を。

もう一つの風防リングもあった方がよいと思います。ST-310のバーナー部分は中央が盛り上がっていて、風の影響を受けやすい構造になっています。ですので風防リングがあると少しの風でしたら影響を和らげてくれ、熱効率が高まります。風が強い時はウインドスクリーンを使った方が良いのですが、少しぐらいでしたらこの風防リングだけでも十分かと思います。ただ少し気になるところが。このリングをバーナー部に載せた時、直径が少し小さいので動いてしまいます。使用に関しては何の問題もなく、風防として役割を果たしているのですが、本当にただ載せているだけです。ジャストサイズではないのが少し残念でした。

点火アシストレバーは別売りです

ポイント③ 収納袋も付いて2,580円

遮熱テーブル・耐熱シリコンチューブ・風防リングに収納袋もセットになって税込2,580円(2021年7月2日時点)は結構お得だと思います。収納袋は取っ手がありそこそこ丈夫そうです。隙間に小物を入れることもできますし、気に入らなければ自分の好きな袋に入れればいいですし。私には納得のセットでした。

収納袋

さらに他のシングルバーナーにも対応しています。対応機種は「SOTO ST-330」という分離型のレギュレーターストーブとイワタニの「カセットガスジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」。これらを持っている人にもお勧めです。

スポンサーリンク

点火アシストレバーでより使いやすくなる

ST-310を使っていて「ちょっと使いにくいな~」と思うところがあります。それは点火スイッチが下の方にあり押しにくいところ。押しにくいからガスを出してからライターで点火している人もいると思います。別にそれでもかまわないのですが、より簡単に点火スイッチを押せるようにできるのがこの「点火アシストレバー」です。500円ほどかかっちゃいますが、あれば便利なのでおススメです!

点火アシストレバー

取り付け自体は簡単ですが、取り付け時に小さなプラスドライバーが必要ですのでご用意してください。

まずST-310についている器具栓つまみ(ガスを開閉するレバー)を外します。

開いて外す
外れた状態

上部のねじを+ドライバーで締めます。

外した器具栓つまみを再度つけて完成。

点火するときはレバーを下に押すだけ。めちゃ簡単です。

スポンサーリンク

使用感

実際に使用した感じですが、見たまんま、想像通り、ちゃんと遮熱してくれるしちゃんとミニテーブルとして使えました。そりゃそうですね(笑)

もちろんCB缶が干渉するようなこともありませんでした。

とりあえずコーヒーでも飲もうと思い、ダイソーメスティンでお湯を沸かしました。

お皿やシェラカップなどを載せるとそれだけでいっぱいになりますが、わざわざテーブルを使うほどでもないかな~って時や、テーブル自体を持って行かないとき(軽いハイキングなど)、またテーブルの補助的にも使えるので持っていれば何かと便利に使えると思いました。

まだ持っていない人は持っていて損はないと思いますので、ぜひご検討ください!

スポンサーリンク


遮熱テーブル セット アルミ アシスト遮熱テーブル 遮熱板 SOTO ST-310 /330/CB-JCB対応可 折畳マルチタイプ 3種類バーナー対応 1台多役 軽量 収納袋付き (シルバー)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました